理系脳、文系脳という言葉を聞いたことはあるでしょうか。明確に定義されている意味は知らなくても、学校や塾などで何気なく使ったことがある人も多いかと思います。

今回は、理系脳の意味を解説し、文系脳との違いを明らかにしていきます。今後、理系脳が重要になってくる理由についても触れているので、参考にしてみてください。

理系脳とは何か?

理系脳という言葉に、明確な定義はされていませんが、学会で発表された理系脳は、「規則正しく、シンプルなものを好む考え方」という意味が含まれています。

あなたは理系脳?

実際に学術的な場でも議論されたことのある、あなたが理系脳かどうかを診断する方法を紹介します。

1)と2)の記号の羅列を、2秒見てみてください。

1)
・□・・・・・・・・・・□・・・・・・・・・・□・・・・・・・・・・□・・・・・・・・・・□・・・・・・・・・

2)
○□△3△△○□△△%△○□△△△△○□&△△△○□△△△△

どちらの羅列の方が、なんとなく好みだと思うでしょうか。1)を選んだ場合、あなたは理系脳の可能性が高いです。

理系脳の特徴1:曖昧さが嫌い

理系脳にはいくつか特徴があります。

1つは「曖昧さを嫌う」という点です。根拠や規則性を大切にする理系脳にとって、なんとなくという状態は特に避けたいものです。

ですので、そもそも定義が明確でない理系脳という言葉自体も、理系脳の人は好きではないでしょう。

理系脳の特徴2:数値や記号が好き

もう1つの理系脳の特徴は、数値や記号で表現されることが好きという点です。テストの点数の推移を記録していたり、CO2などの化学記号とその意味をすぐに覚えられた人は、理系脳の可能性が高いかもしれません。

理系脳の特徴3:理由や根拠を大事にする

理系脳は、会話の中でも「なんでそうなの?」「どうしてそう思うの?」など、理由や根拠を質問することが多いです。

理系脳だと、論理性のある事柄を好む傾向があるので、どうしてそのような論理になるのかの根拠が気になってしまう人が多いのです。

文系脳との違いは?

ここまで、理系脳の特徴について述べてきました。それでは理系脳の、文系脳との違いは何なのでしょうか。特徴的な違いについて解説していきます。

文系脳との違い1:感覚に頼らない

文系脳は、事柄に対して「自分がどう感じるか」や「誰々はこう感じると言っていた」など、主観的な気持ちに基づいて話をします。

理系脳の場合は、「何人の人がAだと感じていて、何人の人がBと感じているという調査がある」という、客観的なデータをもとに話をすることが多いです。

文系脳の例:渋谷で行うハロウィンは、自分が参加して楽しかったし、友達も楽しんでいたから来年もやりたい!

理系脳の例:渋谷で行うハロウィンは、周囲の飲食店や雑貨屋さんが普段の1.8倍以上の売り上げを記録し、よい経済効果を生むので、来年も継続したほうが良い。

文系脳との違い2:デザイン性よりも機能を大事にする

文系脳は、何かのモノを買うときに、デザイン性や見栄えなどの見た目を重視して選ぶ傾向があります。その一方で理系脳は、自分への恩恵や利益が大きいものを選んでモノを買うので、機能性を重視した買い物をすると言えます。

文系脳の例:新発売のコートは、柄がオシャレな上に素材が特殊らしいから、見た目や質感も他のコートと全然違う!これを買おう!

理系脳の例:新発売のコートは、素材が特殊なおかげで暖かい空気を外に逃さないし、他のコートより100gくらい軽い。これを買おう。

今後理系脳が重要になる理由

人工知能であるAIの発達やロボット技術の進歩で、これからは数理的な能力が高い理系脳の人が重要になってくるという話はよく聞きます。実際、これから理系脳が重要になって来る理由について詳しく解説します。

理系脳が活躍しやすい仕事が今後増えていく

今後15年や20年でどんどん増えていく仕事には、理系脳が活躍しやすいものが増えていくと言われています。

例えば、事務職の仕事などです。パソコンを使って完結できるような事務業務はすべて、AIやソフトウェアが行ってくれる時代が来ます。その時代の事務職に必要なのは、仕事を行ってくれるAIやソフトウェアを使いこなし、改良していく力です。そうなると、事務職にもIT系の知識が求められることになるかもしれません。

理系脳の仕事でないと収入が減る可能性もある

前述のように、多くの仕事で理系脳が活躍する世の中になると、逆に理系脳が不要な仕事はどうなってしまうかというと、収入の二極化が始まってしまうとも言われています。

収入の二極化とはつまり、AIでは到底できない、人の手による感覚的な仕事の収入は高まり、AIでもできる仕事の収入は激減するということです。

伝統工芸品や芸術、エンターテイメントを提供する仕事は人間にしか表現できないものがあるかもしれませんが、単純な計算や料理の提供といった仕事は収入が激減する可能性もあります。

理系脳と文系脳に優劣はない

曖昧さが嫌いで記号や根拠が好きという理系脳の特徴や、文系脳との違い、今後理系脳が重要になってくることについて解説しましたが、理系脳が優れている・文系脳が優れているという優劣はありません。

どちらにも長所と短所がありますので、自分の今の環境に応じて、文系脳と理系脳が切り替えられると得かもしれません。

おすすめの記事