中途入社してまだ3ヶ月なのに辞めたい、ということは結構あります。「思っていた仕事と全然違う」「会社の雰囲気が合わない」「性格が全く合わない上司や同僚がいる」など理由はさまざまです。

一度辞めたい!と思うとこのまま会社にいることは、自分にとっても会社にとってもよくないのでは、早いうちに辞めて次を探したほうがいいのではと考えてしまいますよね。

一方で3ヶ月で辞めるのはいくらなんでもマズイ、とも思い悩むうちに結局は仕事に身が入らなくなってしまいます。すると今の仕事が覚えられず失敗が増え、一層辞めたい気持ちが強くなると悪循環になってしまいます。

そこで中途入社3ヶ月以内に辞めてしまうリスクや、辞めたいと思った時に心が軽くなる方法をご紹介します。中途入社をしたばかりだけれど辞めたくなってしまっている方、ぜひ参考にしてください。

中途入社で3カ月以内に辞めてしまうリスクとは?

いきなり辞める手続きを始める前に、本当に辞めていいのか考える時間をとりたいですね。まずは中途入社して3か月はどうしても「早い」という印象を与えてしまいます。3か月以内で辞めてしまうリスクを具体的に考えてみましょう。

次の転職活動で「続かない人」という印象を与える恐れ

「前の会社ではなぜこんなに早く辞めたのだろう、仕事が続かない人なのかもしれない」という印象を与える恐れがありまs。

嫌なことがあるとすぐあきらめてしまう人というレッテル

「向いていない」「わからない」という時もすぐにあきらめてしまう人というレッテルを貼られがちです。

人間関係につまづきやすく、協調性がない人と思われてしまう

どうも人間関係で辞めたらしいということがわかると、協調性がないのかもしれないと思われてしまいます。

同業者で次に転職するとき信頼を得にくい

次に転職する先が同業者であった場合、「こんな理由で辞めたらしい」などうわさも伝わりやすくなります。3ヶ月で辞めてしまった人、と信頼を得にくくなる恐れもあります。

辞めたくなる要因

どうしても辞めたくなる理由というのも確かにあります。例えば次のようなことがあれば、誰でも「辞めたい」ということが頭をよぎるのではないでしょうか。

ミスを連発してしまう

最初だから、と多めに見てもらえていたミスもだんだんと「またか」という雰囲気になってしまいます。気を付ければ気を付けるほど意識しすぎてミスを連発する、ということもあります。

なかなか新しい仕事が覚えられない

難しくて理解できない、覚えられないということもかなりのプレッシャーになります。もしかしたら向いていないかもしれない、と思い始めます。

上司・同僚と全く気が合わない

上司や同僚が話しやすければ、質問もしやすく仕事も早く覚えられますが、人間ですからどうしても合わないということがあります。

そうなると質問しにくくなってミスをしたり、わからなかったりということになってしまします。

面接で聞いていた話と仕事内容が違う

面接話した仕事ではないことをやらされていると「話が違う」となります。特に入社したては言いづらく、なあなあになってしまいがちです。

社内の雰囲気が、あまりよくない

いがみ合っている人がいる、実はワンマン社長だったなど社内の雰囲気が悪いと辛くストレスもたまります。

通勤電車が思っていたより混んで大変

いざ通勤時間に乗ってみると、想像以上の混み具合で疲労困憊してしまうことも理由になります。

社内にすでに結束しているグループがあり、馴染めない

仕事もそうですが、辛いのは社員に馴染めないことです。結束力が強いグループがあり、新参ものはお断り、という雰囲気ではアウェー感も強くなります。

辞めたくなった時に心が軽くなる方法

もう辞めたい!と思った時はストレスもたまり気分も落ち込みがちです。少しでも心を軽くした方が、前向きなことが考えられるようになります。

冷静になぜ辞めたいのかを書き出して整理する

「仕事内容が合っていないと思っていたけれど、実は同僚のことがいやだった」など明文化することで心の整理ができ、本当の原因がみえてきます。

うまくいっていることを書き出し自分を認める

すべてがよくないわけではないはずです。そもそも辞めたいと思っているのに、辞めずに頑張って行っている自分を認めてあげましょう。

「いつでも辞められる」と思っておく

いつだって辞められる、別に変に思われてもいい、と開きなおると意外と乗り越えられます。

仕事がわからない場合は、恥ずかしがらずに何度も聞く。

こまめのメモを取りノートにまとめると、自分の弱点も見えてきます。何度も聞くのはなぜか、自分で原因を分析することも大切です。原因がわかれば対応方法もわかってきます。

1人で悩まず、病院にいき信頼できる人に相談する

1人で抱え込んで悩むと負のループにはまってしまい、体調不良やメンタルへの影響もでてきます。そうなる前に信頼できる人に相談しましょう。産業医がいる会社なら相談してもいいですね。

著名な人の伝記やエッセイを読む

著名な人も、苦労している人はたくさんいます。ビジネスの失敗談や干された話、いびられた話など体験談を読むと自分だけではないと安心することができます。対処法も参考になるはずです。

少なくとももう1ヶ月頑張ってみようと考える

あと1ヶ月頑張ってだめだったらやめよう、と自分で決めてみましょう。1ヶ月できることをやってみると改善される可能性もあります。期限は2ヶ月でも半年でも、自分の状態で考えて決めます。

まとめ

中途入社してまだ3か月なのに辞めたい、と思うことはそれほど珍しいことではありません。どんなに慎重に転職先を決めたとしても、わからないことや見えていないことはたくさんあります。「長い人生、こんなこともある」くらいの気持ちで対応していきましょう。

たしかに中途入社3か月で辞めるというのは多少リスクはあります。辞めてしまう前にまずは気持ちを軽くし、もう一度仕事に取り組んでみると、新たな側面がみえてくる可能性があります。「いつ辞めても大丈夫」と開き直ることで辞めずにすむこともあります。

おすすめの記事