今の会社には望んで入社したはずだけど、「なんだか思っていたのと違った」「社風が自分には合わない」など、悩みを抱えながら働いている人もいると思います。

「入社してまだ数年なのに辞めてもいいのか」、「こんな風に思って大丈夫か」と不安になる方も多いかもしれませんが、生活の中で多くの時間を過ごす職場ですから、自分に合う職場を見つけてやりがいを持って働きたいと思って当然です。

今回は、そんな風にモヤモヤっと転職を考えているあなたに、次のステップへのヒントになる情報をご紹介していきます。

20代の転職理由

新卒入社や第二新卒の社会人など、20代の若手の方は理想を持っている方がほとんどだと思います。その形は人それぞれですが、キャリアの形成やプライベートの充実など、自分が想像できる最大限の理想を掲げることもあるでしょう。

ですが社会に出ると思っていた以上に厳しい現実があって、自分が思い描いていた理想とのギャップに悩んでしまう人も多いものです。では20代の方が転職を考える理由としてはどのようなものがあるのでしょうか。例を見てみましょう。

・思い描いていた仕事(会社)とはイメージが違った
・最初に内定をもらえた会社に入社してなんとなく過ごしてしまった
・残業や休日出勤が多くプライベートの時間が取れない
・人間関係がうまくいかない
・年収が低い

転職を考えるきっかけは、大体がこうした様々なミスマッチによる不満の発生です。こうした考え方のままだと、正直言って転職活動をしてもうまくいかないことがほとんどです。ですが、これらをポジティブに捉えることでとても前向きな転職理由に変わります。

・20代の方が転職に有利で、新しいチャレンジをしたいから
・より適正に合う企業でキャリアアップを図りたい
・人生設計し直して、転職の必要性を感じた

きっかけは不満からだったとしても、あなたが転職したいと思うのはその状況を打破したい・変えたいと望む前向きな気持ちからのはずです。何かがうまくいかない時は、自分の行動を変えることによって改善できることもあります。

ですから、転職したいと思った方は今一度、なぜそう思ったのか、今の会社で改善できることはないのか、やはり転職が必要ならば今後自分がどんな人生を歩んでいきたいのか、前向きに考えてみてくださいね。

転職がうまくいかない20代の特徴

20代での転職は世間的に有利と言われ非常に多くのメリットもあります。しかし本当にそんなに甘いものでしょうか。20代での転職に挑戦したものの、うまくいかずに困り果てている人がいるのも事実です。転職がうまくいかない20代の方は大概が同じような特徴を持っています。

給料しか見ていない

転職前の会社の給料に不満があった人が陥りがちですが、高給の条件につられて業務内容や職場環境などをきちんと調べないまま入社してしまうと、続けるのが難しくなる場合があります。給与が良い求人にはつい飛びついてしまいがちですが、事前に業務内容など気になる点をきちんと確認しておきましょう。

適正を考えない

人によって適正は様々です。それは自分で理解するしかありません。例えば好きなことしかできない人もいれば、好きなことを仕事にすると嫌な部分を目にして嫌いになって続けられない人もいます。給与や休日などの条件が整っていれば良いという人もいれば、それよりもやりがいが大事という人もいます。
若いうちに適正を100%理解しておくのは難しいですが、自分がどういう状況の時にやる気が出るのか、自分と向き合って考えてみましょう。

仕事内容や諸条件を吟味していない

当然のことですが、選考を受ける前には仕事内容や給与などの諸条件についてしっかり調べておきましょう。企業によっても位置付けが異なることもあります。想像だけで判断してしまうと痛い目に合うので、わかるまで調べておきましょう。

妥協してしまう

よくありがちですが、内定がなかなかもらえないと望む条件を下げてしまいがちです。これでやっと内定をもらえると飛びついてしまうのですが、結局イメージとは全然違う会社に入社する羽目になってしまいます。絶対に譲れない条件を一つでもいいから持つようにして、それを満たした企業へ入社するようにしましょう。

「人のふり見て我がふり直せ」とはよく言ったものですが、転職がうまくいかない人の特徴を反面教師にし、自分の転職活動を成功させるヒントを見つけてくださいね。

20代にオススメの転職エージェント

20代での転職は慣れていないこともあり、うまくいくように気をつけていてもなかなか思い通りに進まないこともあります。そんな時にオススメなのが転職エージェントの利用です。

転職エージェントは、あなたのスキルや希望に適した企業を見つけて、橋渡しをする役割を担ってくれます。転職エージェントにも様々なタイプがあるので、いくつか紹介していきます。

マイナビエージェント

新卒で企業に就職した人なら誰でも知っていると言っても過言ではない「マイナビ」を運営している企業の、総合転職エージェントが「マイナビエージェント」です。人気企業の採用ではマイナビを活用していることもあり、マイナビエージェントでしか第二新卒の募集を掲載していない企業もあるようです。そのため、新卒だけではなく第二新卒や20代の方の転職活動の力強い味方となっています。
担当者によって左右されるとも言われますが、会社として中途採用を次の目標としているため、他社よりも社員の方々のやる気が高いというのが評判となっています。

DODA

総数案件No.2の総合転職エージェントです。面接対策などの実践的アドバイスに定評があるので心強いです。また、まだそんなに転職の意向が固まっていないという方でも、親身に接してくれ転職を無理強いすることもないようなので、まずは登録してみて転職するかどうかの相談をしてみるのもいいかもしれません。

パソナキャリア

大手の転職エージェントですが、コンサルタントが特に親身だと評判です。転職をまだ検討している段階の人や、キャリアが浅い人にも対応が丁寧との定評があるので、転職エージェントの活用に抵抗がある方も、まずはパソナキャリアを利用してみると良いかもしれません。

リクルートエージェント

誰でも知っているであろうこちらの転職エージェント。内定決定数はNo.1なので、それも当然かもしれません。しかし、それは裏を返せばコンサルタントの営業力の高さの現れであり、あなたが悩んでいる時には意思をぶらされてしまいやすいので気をつける必要があります。まだ転職の意思が固まっていない時は、寄り添ってくれるタイプの転職エージェントを利用することをオススメします。特に悩みがなくスピーディーに決めたいという場合には、企業サイドに猛プッシュで営業してくれるので心強い味方になることでしょう。

type転職エージェント

関東エリアの転職を考えている場合には、コネクションのある老舗のこちらがオススメです。転職を考えている方々に手厚いサポートを行うことを目的に、対象エリアを関東圏に限定しています。エリアが狭いので当然案件も少ないですが、関東圏での転職を希望する人には満足度の高いサポートをしてくれるはずです。

転職エージェントを利用することで、初めての転職でも安心して活動することができることでしょう。もちろん最終的にはあなた自身が企業面接に受かる必要がありますが、転職のプロのサポートがあるので効率的にかつ手堅い転職活動を進めることができます。一人での転職活動に不安がある方や、効率よく転職をしたいという方はぜひ利用してみてくださいね。

まとめ

「20代での転職なんて早すぎるかな」と悩む方もいるかもしれませんが、20代だからこそ悩みが多いものです。現状を良い方向に変えるために転職が必要なら、前向きに考えてみると良いでしょう。何がしたいのか、現状をどう変えたいのかを考え、転職エージェントのサポートを受けるなど工夫して活動の第一歩を踏み出してみてください。

おすすめの記事