新卒で入社して5年、今の自分のライフスタイルや今後の人生を考えた時に転職を検討する方も少なくないと思います。

キャリアアップのための転職はもちろんですが、特に女性は結婚や出産でライフワークバランスを見直したいと思う方も多く、28歳での転職がひとつの区切りになっていることもあるようです。

「第二新卒枠も過ぎてるけど、28歳の転職って実際のところどうなの?」と思う方のために、その「実際のところ」をご紹介していきます。

28歳で転職は遅いという説は本当?

転職市場でまことしやかにうわさされている「28歳での転職は遅い説」。これは、ある意味本当でもあり、ある意味では嘘です。それは一体どういうことなのでしょうか。

俗に転職が有利と言われるのは「第二新卒」と呼ばれる世代です。第二新卒とは、新卒入社後3年未満の若者のことを指すのが一般的のようですが、この世代まではこれまでの実績の如何に関わらず、ポテンシャルを重視して企業が選考を進めてくれる傾向にあります。

そのため、第二新卒世代を過ぎるとこれまでの経験やスキルを問われることになりやすいので、第二新卒に比べると選考基準が上がってしまうとも考えられます。そういった意味では遅いと言えます。

ですが28歳といえば、自分で仕事を調整する力を身につけていて、新人の指導・育成もできるスキルを持ち合わせている世代です。

同業種への転職を考えている場合には、今あるスキルを活かして即戦力として働ける可能性もあるため、それがかなりの強みになります。そういったスキルを求めている企業も多いので採用ニーズも高く、転職時期としては悪くないのです。

もし未経験の業種へのチャレンジを考えている場合には、これまでの経験や今あるスキルがどのように活かせるかをアピールできれば、それが強みになります。

ただ辞めたいという理由だけで28歳の転職をするのは非常に危険ですが、キャリアアップのために必要不可欠な転職であったり、人生設計がきちんとなされたうえでの転職であれば28歳の転職でも遅いということはありません。

この時気をつけたいのは、30代以降のキャリアも考慮して転職するということ。これまでのキャリアや今あるスキルの棚卸をし、自分の強みや進みたい方向性を認識して転職活動に臨みましょう。

28歳で転職することの意義・メリット

28歳での転職は遅くなく、むしろ売り時とも言えるでしょう。ですが、実際に転職するとなると不安に感じる方も多いと思います。この年齢で今の会社を辞めて転職する意義やメリットはあるのか、詳しく見ていきましょう。

転職先の選択肢が豊富

これまでの経験を活かしてキャリアアップする場合と、未経験の分野への挑戦をする場合と、どちらもそれなりに多くの選択肢があります。

未経験の分野への転職は第二新卒に比べるとハードルが上がるとも言われますが。これまでの経験をどう活かしていけるかをアピールできれば、決して狭き門ではありません。

これ以上年齢があがると、柔軟性や成長性の部分で若者に劣るとみなされて職種が限定されたり、求人そのものがの案件数が減ったりするので転職の難易度もあがります。

今だからこそある多様な選択肢を存分に活かしてください。

未経験への転職もまだいける

前述の通り、未経験の職種へのチャレンジもできるチャンスが残されています。むしろ今がラストチャンスと言っても過言ではありません。キャリアチェンジにはギリギリなんです。自分を見つめなおした時、やりたいことがあるならばすぐにでも第一歩を踏み出す方がよいでしょう。

キャリアアップを見込めるチャンス

これまでの実績がある人にとってはキャリアアップのために上手に転職ができチャンスです。うまく経験や実績をアピールできれば、給料アップなども期待できます。

即戦力として働ける世代でもありますが、今後の成長も期待できるところが企業としてはありがたい人材です。そのため、選考においては熱意や意欲、柔軟性や向上心があることをアピールできるとなおよいです。

実はニーズが高い世代

あなたが転職を考えるのと同じように、この世代で転職を考える方は他にもいます。同世代の転職ともなれば、それなりのポストでそれなりに仕事ができる人が抜けるということになるでしょう。

であれば会社としては即戦力になるが、今後の会社の軸になれるような成長性のある人材を得たいと思うものです。もちろんあなたの人間性やスキル次第ではありますが、それなりの待遇で迎えてくれることも期待もできるかもしれません。

転職エージェントのサポートも手厚い

企業が求める人材が多い世代なので、当然転職エージェントのサポートも充実しています。経験がある28歳の転職の場合自由に時間を割けないことも多いので、転職エージェントを活用すると効率よく活動を進められるのでお勧めです。

28歳の転職で失敗しないためのポイント

28歳の転職ではメリットがたくさんあることがわかりました。とはいえ、転職が必ずしもうまくいくというわけではありません。転職が成功するために押さえておくべきポイントを解説していきます。

とにかく即行動!

28歳はニーズが高いと同時に、様々なチャンスにおいてギリギリの世代です。転職を考えたらとにかく即行動あるのみ!

これまでのキャリアやスキルをしっかり棚卸し

キャリアアップ転職の場合でも未経験へのチャレンジの場合でも、これまでのキャリアやスキルはあなたの強みになるはずです。これまで何を経験してきたか、どんなことができるのか、そしてそれらを次の企業でどう活かしていくのか。しっかり棚卸しして明文化しましょう。あなたの強みとしてアピールできます。

諸条件を明文化

あなたが転職に望む条件はなんですか?給料や休日、福利厚生や職場環境などはどのようなものでしょうか。具体的に明文化して優先順位をつけましょう。絶対に譲れない条件も、最低でも1つは決めておくとよいです。

転職がなかなかうまくいかなかった時に妥協してしまいがちなことで、それらを妥協すると転職に成功したと感じられにくい結果になってしまいます。自分の希望に合う転職を成功させるためにも、しっかり明文化しておきましょう。

転職エージェントを使う

どんな企業に勤めたいかという条件を考えるのはあなたですが、その企業にどう攻めていくかはプロにおまかせした方が勝率が上がります。転職エージェントを活用すると、まずマッチング効率が上がります。企業を自分で探したりアポを取る必要もないので、時間の短縮が可能です。そして選考に役立つ具体的なアドバイスをもらえたり悩み相談などもできるので、転職エージェントは心強い味方なのです。

28歳の転職に強いエージェントには、例えばリクルートエージェント、DODA、ビズリーチなどがあります。リクルートエージェントやDODAはエージェントが条件に合う案件を紹介してくれますが、ビズリーチは登録しておけば企業側からスカウトがくるようになっています。早めにビズリーチに登録だけしておいて、後からリクルートエージェントやDODAを使うという手もあります。エージェントによって強みは異なりますが、まずは案件数が多い大手を使うのが成功への近道とも言えるでしょう。

まとめ

28歳の転職では、とにかく即行動、自分の棚卸をきちんと行う、転職エージェントを活用することが成功への近道と言えます。あなたが今後どんなキャリアを積むにしても、最大限強みをアピールし、ぜひ28歳の転職を成功させてください!応援しています。

おすすめの記事