最近では新卒入社から3年の間に約30%もの人が辞めているという事実があるようです。「石の上にも3年」という、3年辛抱すれば成功することを例えたことわざもありますが、近年ではその考え方も変わってきているようですね。

とは言え、「3年間は今の会社に勤めた方がいいんじゃないか」「新卒で入社してすぐに辞めても大丈夫か」なんて心配になる方も多いのではないでしょうか。新卒で会社を辞めるというとことはどういうことなのか確認し、辞めずに解決できることはあるか、うまい辞め方などを考えてみましょう。

新卒として仕事を辞めることの意味

せっかく苦労して入社した会社をこんなに早く辞めてしまうことには抵抗がある、そう思う方も少なくないと思います。新卒なのにいいんだろうか、社会的に問題ないか、次の会社に就職できるのか、色々なことが不安になりますよね。

個人的な意見で言えば、正直問題ありません。筆者自身も新卒で入社した会社を2年目で退職していますが、現在の生活に特に影響はないからです。むしろ辞めたことによって新たな人生を切り開いてこれたので辞めてよかったと感じています。ただそれは、あくまでも筆者自身の場合であり感覚です。一般的には、新卒として仕事を辞めるということにはこんな意味があると考えられます。

リアルに生活苦

仕事を辞めれば当然収入がなくなります。アルバイトならすぐに始められるかもしれませんが、収入は正社員より低くなることの方が多いでしょう。当面の生活費が確保できていたり、頼れる当てがない限りは生活が苦しくなるのは事実です。

職歴に傷がつく

どんな理由で退職したとしても、「退職した」という事実はあなたの職歴に残ります。3年間の実務経験を求める企業も多いため、3年未満で退職していると次の会社の面接の場でつっこまれることも充分考えられます。物事を継続できない人なのかな、というネガティブな印象を持たれることもあるので心得ておきましょう。

スキルが足りない(と思われる)

昔から、ある一定レベルを身につけるのに3年間は必要だという考え方が一般的です。そのため、就職期間が短いとスキル不足とみなされがちで、転職の際にうまく選考を進められなかったり、転職エージェントを利用してもよい案件に出会えないこともあります。

第二新卒枠で転職できる

早い段階で退職を決断すると、次は第二新卒枠での転職が可能になります。第二新卒は概ね新卒で就職してから3年以内くらいの期間を指しており、未経験での採用をしてくれる企業も多いのでチャンスが広げられる可能性も高いです。

仕事は1日の1/3以上の時間を占めます。「何を仕事にするか」「どこで働くか」「どのように働くか」はこれから先の人生においてとても大事なことです。あなたが今辞めたいと思っているのなら、本当に辞める方がいいのか、残って解決できる方法はないのかを慎重に考えましょう。辞めることで得られるものは何か、残ることで何を引き換えにするかの見極めが大切なポイントです。

仕事を辞めるべきか、辞めないべきかの判断はどうするべき?

新卒で退職することには多かれ少なかれメリット・デメリットがあり、その決断は慎重に行うべきです。では、どんな状況なら辞めない方がいいのか、辞めたほうが方が方がいいのはどんな時なのかそれぞれ確認してみましょう。

辞めずに解決できる方法を考えた方がいい場合

大前提として相談できる上司や同僚がいる場合や、友人や家族に仕事のグチをこぼせる程度の状況であれば、以下の方法を考えてみるとよいでしょう。その域はもう超えちゃってるなぁと感じる方は、ここはもはや必要ないかもしれないので読み飛ばしてください。

仕事が合わない

あなたがやっている仕事がそもそも自分に合わないと感じている場合、なぜそう感じるのかを考えてみましょう。スキルが足りないことが原因ならスキルを身につける努力をし、スキルはあるがつまらないと感じるなら面白くする工夫をしたり、仕事内容の調整や他部署への異動ができないか相談してみましょう。

仕事の量が多すぎる

自分の力量に対して仕事量が多いと感じているなら、まずは客観的に仕事量を把握する必要があります。仕事にかかる工数が多いものはやり方に問題があるかもしれないし、今はまだないスキルが必要な仕事をやっている可能性もあります。問題点を客観的に把握することで解決方法を見つけやすくなります。

不満を周りのせいにしている

不満を感じたらいつも周りのせいにする人というのは、どこの世界でもある程度います。ですがこのタイプの人は、仕事を変えたところでまた誰かのせいにして結局不満しか感じられません。何に不満を感じるのかを知り、自分の行動改善で解消できないのかを考えてみましょう。

給料に不満がある

現状の給料で一定レベルの生活ができているなら、すぐに辞める必要はないでしょう。給料は成果報酬なので、あなたのスキルに見合ったものが支払われていることの方がほとんどです。企業情報に月収〇〇万円と記載されて高く見えていることもありますが、たいてい歩合制や成果報酬なので、うまい話しにのると現状よりも給料がさがることもあります。
明らかに給料が低いとか、給料の支払いに不備があるなど会社側の問題がある場合には辞めた方がよいこともありますが、そうではないなら改善策を考えてみましょう。

仕事を辞めた方がいい場合

労働時間超過

業務内容によっては労働時間が長くなることもありますが、労働基準法を度外視した労働時間超過やサービス残業が日常茶飯事になっている場合には退職を考えた方がよいかもしれません。会社の体質としてそれが当たり前になってしまっているので、改善の余地なしとみなせます。体調を崩してしまう前に、早めに決断してもよいでしょう。

セクハラ、パワハラ、いじめ

これは本当に個人の感じ方次第なのですが、例えば休日出勤の強要や、必要以上に体を触られる、性的に不快な言動をされるなどがあります。やっている側は無意識のことが多く質が悪いのですが、あなたがそう感じているなら該当すると言えるでしょう。本人に直接やめてほしいと言って改善するならよいですが、言えない場合や言っても変わらない場合には、人事に相談したり、それでもなお改善が見込めない場合には辞める選択をした方が心身ともに健全かもしれません。

精神的、肉体的に問題あり

この状態になっている場合はとても危険です。今までできていたことができなくなる、家を出ようとすると具合が悪くなる、明らかにおかしな肉体的所見があるなど、精神的・肉体的に問題ありと感じる場合は、今後うつ病になってしまう可能性もありますのでとにかく無理をしない方が賢明です。限界点は人それぞれなので、他の人ができることでも自分はできないことがあって当たり前です。自分を追い込みすぎないようにし、周りの人の意見よりも自分の気持ちを大切にしてあげてください。

いかがでしょうか。すぐに辞める方がいい場合もありますが、もし考える力がまだ残っているなら、辞めずに解決できないだろうかといったん考えてみるのもよいかもしれません。辞めることで何が得られるのか、残ることで引き換えにするのは何かを見極めましょう。

まとめ

会社を辞めたいと思うことはおそらく誰にでもあることです。ただ、その理由は紐解いてみたら意外とどうってことないことの可能性もあります。冷静に考えられるうちは、まずはいったん原因を考えて解決できないかを検討してみる方がよいでしょう。ただ、退職を決意することは決して悪いことではありません。ここで何かしらのアクションを起こすことこそがあなたの幸せへの第一歩です。この記事が少しでもあなたのお役に立てていれば幸いです。

おすすめの記事