退職する人の最終出社日の恒例行事といえば、退職の挨拶ですよね。これまで周りの方が辞める際、退職の挨拶を見てきた方もいるでしょう。それでも、いざ自分の番になるとどうすればいいかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、経験の少ない人でもわかりやすい挨拶時のコツや実践内容を、例文と共に具体的に説明していきます。ぜひ参考にして役立ててくださいね。

退職の挨拶時の心得(どういう挨拶を心がけるべきか?)

挨拶の内容を考える際、だいたいの方が悩むポイントは大きく三つあります。

一つは、どういう内容にするか。二つ目はどんな手段で挨拶するか。そして最後に三つ目はどこ(誰)まで挨拶するかです。詳しく解説しますので、参考にしてみてください。

1.どういう内容にするか

挨拶の内容を考える際に注意したいのが「盛り込むべきではないことを入れない」ということ。

退職の理由にネガティブなことがあると無意識のうちにそうした言葉を入れてしまいがちですが、盛り込む内容はできるだけポジティブなことに絞りましょう。具体的には以下のような内容です。

【 盛り込むとよい内容 】
・退職報告の言葉と簡潔な退職理由
・感謝の気持ち
・みなさまの今後の活躍を祈る言葉

【 盛り込むべきではない内容 】
・退職理由の詳細
・職場への批判的な意見
・ネガティブエピソード

どんな手段で挨拶するにせよ、多くの人に向けた挨拶の場合は特にわかりやすく簡潔にすることがポイントです。

まずは退職報告の言葉と退職理由を簡潔に述べます。そして、これまでお世話になったことへの感謝の気持ちが伝わる言葉を入れ、最後に、会社の発展や社員のみなさんの今後の活躍を祈る言葉を述べましょう。

あなたの業務を引き継ぐ人が決まっている場合は、その人を紹介する言葉を感謝の気持ちの後に入れるとなおよいです。

退職理由にネガティブな理由があろうとも、これまでお世話になった会社であることには変わりないので、批判的な言葉は控えるようにしましょう。退職の挨拶は努めて明るくなるよう心掛け、感謝の気持ちを伝えることが大切です。

2.どんな手段で挨拶するか

挨拶の手段には口頭の場合もありますし、メールで一括の場合もあれば、社外の方には丁寧に手紙を書くこともあります。

自分の判断だけで決めるのではなく、会社ごとの慣例があるのでそれに倣うのがベターです。上司や先輩、人事の方に相談してどんな手段で挨拶するかを決定するのが最もお勧めです。

3.どこ(誰)まで挨拶するか

社内で関わりのある人に挨拶するのは誰でも思いつきますが、意外と忘れがちなのが社外の方への挨拶です。

取引先の場合、あなたが退職した後も後任の方が引き続き関係することになるので、後任の紹介も兼ねて忘れずに挨拶するようにしましょう。

社外への挨拶は2~3週間前に行うと引継ぎにも都合がよいので、一般的にはそのタイミングと言われますが、やはり会社ごとの慣例があることも考えられるので、上司などに相談するとよいでしょう。

挨拶回りで便利?オススメのお菓子3選

職場によっては、最終出社日に挨拶回りをしつつ一人一人にお菓子を配ることが慣例のようになっていることもあります。

これは絶対にやるべきことではないのですが、通常業務の中では話せなかったような他愛ないことも話せるので、雰囲気的に可能ならぜひお菓子を配って挨拶回りしてみましょう。

お菓子があると場つなぎになりますし、場がなごむので便利なワザです。そんな挨拶回りの際に使えるオススメのお菓子3選をご紹介します!

では、まず第3位は!

「銀座あけぼの」さんの「二十四節花」

老若男女問わず「嫌い」という人が少ない「おかき」。そんなおかきをお洒落なパッケージにした商品がコチラ。

美味しさはもちろん、好きな味やパッケージを選ぶのも楽しいうえ、何と言ってもコスパがよいので大量に配る必要がある場合に重宝する商品です。

つづいて、第2位は!

「ジョエル・ロブション」さんの「アソートメント グルマン」

誰もが知っている有名店のお菓子は、見た瞬間にテンションが上がる嬉しいギフト。多少コストはかかりますが、サイズもちょうどよく選べる楽しさがあり、特に女性ウケ抜群の商品です。

厳選された食材を使い、手間ひまかけて丁寧に作られたお菓子なので、これからも長くつき合っていきたい大切な人たちにぜひどうぞ。

堂々の第1位は!

「みなとや」さんの「ありがとう菓子」各種

なんと言っても第1位はお菓子に感謝の言葉をつづったコチラ!渡した瞬間「Wow!」となりますし、ダイレクトに感謝の気持ちが伝わるのでオススメの商品です。おせんべいやクッキーなど、職場の方の好みに合わせて選べるところもいいですよね。

挨拶回りに渡すお菓子は、高級である必要はありません。お菓子を渡すのがメインではなく、あくまでも大切なのは一人一人に直接挨拶する行動です。

ただ、せっかく渡すお菓子なのでみなさんに喜んでもらえるようなものを選ぶ方がいいですよね。あなたなりの「ありがとう」の気持ちを伝えられるものを選んでください。

スピーチ、例文まとめ

いよいよ最終出社日。だいたいが場を設けてもらい、スピーチという形で挨拶をする場合が多いと思います。

どうしても嫌だな、やりたくないなと思う場合には上司に相談して回避することも可能かもしれませんが、退職のお世話になった方々にあなたの気持ちをしっかり伝えられる最後の場なので、できれば挨拶することをオススメします。その場合は、何かとバタバタしてしまう日なのでできるだけ事前の準備を心がけましょう。

どのタイミングで挨拶できるかは会社によっても異なりますが、朝礼など全員が集まる場で時間を設けてもらえることがほとんどです。

口頭での挨拶は、ゆっくり・はっきり話すことを心がけましょう。長くなりすぎないよう、1〜2分で話せる程度、300〜600文字くらいの内容にまとめるとよいです。

具体的には、下記のような流れでまとめます。

  1. 冒頭で退職の言葉と簡潔に退職理由を述べる
  2. 感謝の意を伝える
  3. 今後の決意表明(今後も頑張ります的な)

ケースごとに例文を見ていきましょう。

Case1.自己都合(転職・起業など)の場合

本日はお忙しい中、お時間いただきましてありがとうございます。本日をもって、一身上の都合で退職いたします。
この会社に勤めて◯年、多くの方にご指導いただきました。今の自分があるのは、みなさんのご指導のおかげです。特に◯◯でご一緒させていただいた△△さんや、入社時からお世話になっている■■さん、たくさんのご迷惑をかけてしまいましたが、仕事をご一緒できたおかげで大変多くのことを学ばせていただきました。本当にありがとうございます。
社会人としても、この業界で働く者としても、この会社での経験や学んだことは今後の私の人生にとって大きな糧になると思います。
新たな場所で、これまでの経験を活かして頑張っていきます。◯年間、ありがとうございました。

Case2.結婚や配偶者の転勤の場合

本日はお忙しい中、お時間いただきましてありがとうございます。私事ですがこの度結婚いたしまして、配偶者の転勤に伴って遠方へ引っ越すことになりました。結婚後も仕事を続けたかったので大変残念ですが、退職することを決意しました。
これまで本当にたくさんの方にお世話になり、多くのことを学ばせていただきました。新天地での生活は慣れないことも多くて大変そうですが、◯◯の時に△△さんと一緒に頑張ったことなど、この会社でたくさんの壁を乗り越えてきたので、その経験を活かして今後も頑張ります。なかなか会えなくなってしまいますが、もし◯◯にお越しの際はぜひご連絡ください。今後のみなさまのご活躍をお祈りしております。ありがとうございました。

まとめ

退職の挨拶の手段は様々ですが、大切なことはお世話になった方々への感謝の気持ちを伝えることです。

口頭にしろメールにしろ、然るべきタイミングできちんとお礼を伝えることで円満退社ができるはずです。気持ちよく新天地に向かえるように、明るい挨拶を心がけましょう。

おすすめの記事