新卒で就職したものの、職場の雰囲気が合わない、仕事にやりがいが感じられないなどさまざまな理由で辞めたいと悩んでいる女性は少なからずいます。

新卒で辞めるのは早期離職とも言われ、世間的にもあまりいい印象はありません。1人ではネガティブになりがちなので、誰かに相談して解決の糸口を見つけたいですね。この時は誰に相談するのがベストでしょうか。

また新卒女性として転職するメリットやデメリット、さらに辞めない方が良いパターンや、辞めた方がいいパターンもご紹介します。悩める新卒女性に、少しでもお役に立てれば幸いです。

新卒女性が仕事を辞めたい時に相談すべき相手

新卒女性が仕事を辞めたくなった時は、どうしても身近な人に相談したくなるものです。でも少し待ってください。本当に冷静に話を聞いてくれるでしょうか?相談すべき相手の特徴をみてみましょう。

相談するならプロ!

  • 冷静な第三者としての意見を言ってくれる
  • 私情を挟まない
  • 相手を責めない
  • 相談内容を他の人に話さない
  • 就職や転職事情に詳しい

ということがあげられます。こうしてみるとわかりますね、ずばり相談すべき相手は「プロ」です。

転職エージェント、ハローワークの職員などが適しているでしょう。最初はメールなどでアプローチできるので、転職エージェントは気楽かもしれません

辞めないでとどまった方がいいかどうか、いよいよ辞めるとなった時はどのような転職先があるか、などさまざまなアドバイスをもらえるはずです。また勤務中の会社がブラックであるかどうかも、プロなら気づいてもらいやすいというメリットがあります。

恩師や先輩など

学生時代の恩師や先輩など、業界に詳しい人に相談するのもいいでしょう。ただし「もうちょっと我慢しなさい」と言われるのは覚悟しておきましょう。同じように新卒で辞めてしまった女性の先輩がいたら、体験談を聞くのもいいですね。

親や友達は?

つい身近な人に相談したくなりますが、ほとんどの場合「もう少し我慢しろ」「少なくとも3年はいたほうがいい」と言われるでしょう。辞めざるを得ない事情があっても「忍耐力のない子」などの印象を与えてしまうかもしれません。親や友達に相談するのは、プロの意見を聞いてからでも遅くはありません。

彼氏に相談することは?

彼氏には早めに相談したい、という方が多いでしょう。彼氏が社会人経験が長ければ、さまざまなアドバイスをしてくれるかもしれません。社内恋愛での彼氏なら、事情も伝わりやすく理解も得られやすいでしょう。

仕事を辞めたいと相談した時に「話をしっかり聞いてくれてアドバイスしてくれるか」または「話もろくに聞いてくれず、1年で辞めたくなったことを責めてくるが」など彼氏の本性を見抜くチャンスでもあります。

会社の同僚は要注意

気を付けたいのが会社の同僚です。仲良しの同僚が自分と同じように辞めたがっていることが分かった時など、ついお互いの事情を話したくなるかもしれません。しかし相手が悪気がなくても、社内の誰かに話す危険性もあります。

まだ決めかねているうちに「辞めるらしい」とうわさが立つのは好ましくありません。会社の同僚に相談することは、控えた方が無難です。

新卒女性として転職することのメリット・デメリット

新卒女性として転職するとなった時のメリット・デメリットも知っておきましょう。

メリット

  • 社会人としての知識やマナーは新卒よりある
  • 若いため、将来を期待されての転職が可能
  • 新しい環境になじみやすい
  • 未経験の異業種への転職がしやすい
  • 若いため、そもそも転職先も多い

デメリット

  • 1年程度で辞めていることで、忍耐力や継続力がないと思われがち
  • 社会人経験がそもそも少ないため、信頼を得にくい

これらのことがあげられます。デメリットは新しい職場で少しずつでも堅実に実績を積んでいくことで、信頼を得られていくでしょう。

辞めない方が良いパターン、辞めた方が良いパターン

本当にこのまま辞めた方がいいのか、それとも思いとどまったほうがいいのかも悩むところです。次のチェックポイントを見て、あらためて考えてみてください。

辞めない方が良いパターン

・パワハラ・セクハラ以外の人間関係の不満
我慢する必要はありませんが、配置換えや転勤がある場合解消される可能性が高くなります。まだ我慢できそうだったら、もう少しいてもいいでしょう。

・仕事内容が向いていない
新人なので、まだ向いていないとは言い切れないところもあります。うまくできない、ミスが多いという場合は、どうしたら改善できるかを考えてからでも遅くはありません。

・給料が安い
1年目は仕方ないところもあります。昇給していっている前例があるのならもう少し粘ってみましょう。

辞めたほうが良いパターン

・パワハラ・セクハラを受けている
人間関係がうまくいかない、というレベルではないパワハラやセクハラを受けている場合は我慢する必要はまったくありません。

・ブラック会社で、違法な長時間労働などが横行している
身体を壊す前に、早めに辞めましょう。

・ノルマが異常である
できるわけのないノルマを課されている、という場合も早めに退職するほうがよいでしょう。

・給料が支払われない、遅れがちである
悩む必要はありません。すぐに転職しましょう。

まとめ

新卒女性で仕事を辞めたくなったら、まずは転職エージェントなどのプロに相談することをおすすめします。プロのアドバイスを受けたうえで、身近な親や友人に相談するほうがスムーズに話がすすみます。

とどまってしばらく働いたほうがいいのか、辞めて転職活動をしたほうがいいのか、メリットやデメリットを確認しながら冷静に考えていくことで、社会人としてステップアップできるでしょう。

おすすめの記事