転職エージェントを介した転職活動は具体的にどのように進めるのか、面談では何を聞かれるのか、企業の面接とは違うのかと、色んなことが気になりますよね。

面談までの必要な準備や面談の流れ、具体的な質問内容など、気になるポイントを解説していきます。

転職エージェントとの面談までの流れについて

転職エージェントを介した転職活動では、企業面接ではなくエージェントとの面談を行います。

具体的にどのような面談をするのかが気になるという方も多いと思いますが、そもそも面談までにはどのようなステップを踏んでいくのでしょうか。

1. 転職エージェントの選び方

あなたの希望職種は何でしょうか。希望に合う求人案件を紹介してくれそうなエージェントを選ぶことが、転職活動成功への第一歩です。

転職エージェントのタイプには、一般的に「総合型」と「特化型」の二つのタイプがあると言われます。それぞれのメリット・デメリットを確認してみましょう。

総合型転職エージェント

<メリット>
・特定の業界や職種に限られないので幅広い選択肢がある
・多数の求人案件を扱っている
・前職にとらわれず、新たな可能性を広げることが可能

<デメリット>
・専門分野の知識やノウハウが分散して浅くなりがち
・案件に偏りがない分、多数ユーザーがいるためサポートが浅くなる傾向にある

特化型転職エージェント

<メリット>
・特定の業界や職種に特化しているため、希望の仕事内容のマッチング精度が高まる
・専門性が高く、深い知識やノウハウを持つエージェントが対応してくれる
・求職者の経歴やスキル、希望の理解が深い

<デメリット>
・求人案件の保有数が少なく選択肢が限られる
・自分の可能性を広げたり、条件や企業風土を重視したい場合には向かない

ご自身がどのような転職を望んでいるのかを考えたうえで、以上を踏まえてどちらのタイプを選ぶか決めるとよいです。

2. 申し込みする

ご自身のタイプに合わせてどちらの型がよいか選んだら、各社に申し込みをします。サイトなどを参考にしてエージェントの経歴や実績を確認し(特に口コミを見られる時はそれを参考にするとよい)、特色や強みなども見て自分に合いそうなところを選びましょう。

いまいちよくわからない場合は、それぞれのタイプに複数社登録してみるのがオススメです。実際に各社エージェントと会ってからご自身の適正を見極めるとよいでしょう。

申し込みは各転職エージェントのフォームへの入力を行うだけで完了することがほとんどです。転職希望時期、希望の職種や勤務地、年収など各項目を埋めていきます。

転職エージェントによってはスカウトサービスという、企業やエージェントからオファーが届くサービスもありますので、可能性を広げたい場合には活用するのもオススメです。

3. エージェントからの連絡・面談アポイント

申し込み後、1週間以内にサービス内容や面談の日程について、電話またはメールで転職エージェントから連絡があります。

エージェントにもよりますが、面談は対面または電話形式です。希望日程で面談のアポイントを取りましょう。

転職エージェントとの面談準備(服装、メール、質問、持ち物)

転職エージェントとの面談日程を決めたら、面談の準備を進めます。項目ごとに具体的に確認してみましょう。

◇服装

スーツ着用の方が基本的には多いようです。ですが、仕事の前後で面談に臨まれることがほとんどだと思いますので、私服や普段の通勤着でも問題ないでしょう。

ただ、人は見た目が9割とも言われます。カジュアルすぎる格好やだらしない格好で転職エージェントの心象を悪くするよりは、オフィスカジュアルなどの清潔感のある服装で行くことをオススメします。

◇メール

事前の電話で希望条件について詳しく説明できなかった場合は、面談までの間にメールで連絡して希望条件の補足をしておくとよいです。

転職エージェントがあなたの希望条件に合う紹介可能な企業を探してくれるので、面談がスムーズに進みます。

◇質問

転職エージェントとの面談の一般的な流れは、

自己紹介 → 経歴・これまでの仕事内容等の確認 → 転職理由・今後望むキャリアの共有 → 転職希望条件の確認 → 求人案件の紹介

というところが多いようです。

面談の目的は、あなたと転職エージェントとの相互理解を深め、あなたに合う仕事や企業の方向性を決めることです。

より希望に合う案件の紹介に繋げやすくするためにも、転職エージェントからの質問にはできるだけ明確に、詳しく答えられるように準備をしておきましょう。また、気になることは積極的に質問してモヤモヤの解消の場として活用してください。

◇持ち物

通常、面談時に必要なものは転職エージェントから事前に連絡があると思いますが、基本的には履歴書・職務経歴書(記入済みのもの)、筆記用具が必要です。

職種によっては、これまでの仕事での成果物やスキルがわかるものなどを持参した方がよい場合もあるので、不安な場合は確認したり、あらかじめ準備して持参するようにしましょう。

面談の日時や場所は、こちらの都合に合わせて柔軟に対応してくれることがあります。

出勤日(平日)に面談の設定が難しい場合には、土日や夜20時からの対応などもしてくれるところも多いようです。もし人材紹介会社オフィスへの訪問が難しい場合には、希望の場所での面談ができないか相談してみるとよいでしょう。

電話面談でもOK?電話面談のメリットとは?

転職エージェントのサポートは受けたいけど、近くに転職エージェントがない、どうしても対面の面談時間が取れないという方も、電話面談という方法でサポートを受けられることがあります。

電話面談のメリットは下記の通りです。

  • どこからでもいつでも転職活動が進められる
  • 事前に、紹介可能な求人レベルを把握できる

スケジュール調整が難しく直接面談する時間を取りにくい人や、地方在住のため面接地まではなかなか行けない場合には特に有効な方法です。

直接面談ができる人でも、事前に電話でエージェントと話してみるとよいかもしれません。今後の転職活動はエージェントと二人三脚で進めていくことになるので、電話面談で事前に相性を確かめてから対面の面談に臨むというのも効率的です。

対面での面談とは異なり電話面談では相手の表情が見えないので、どうしても細かなコミュニケーションが不足しやすいですが、自分の都合のよい時間に転職活動を進めやすいところは最大の魅力だと言えます。

まとめ

転職エージェントを活用した転職活動は、時間を有効活用できたり希望の条件に合う企業と出会いやすくなるなど、様々なメリットがあります。

転職エージェントとの面談でも緊張してしまう方もいるかもしれませんが、企業の面接ではないので自然体で向き合いあなたらしさを出していきましょう。

自分を助けてくれる大切な人ですから、敬意を払いお互いに尊重し合うことが大切です。転職エージェントの力を借りて、転職活動を成功させましょう!

おすすめの記事