退職を決意したら、すぐにでも退職の意向を伝えたくなってしまうものですが、「どうやって伝えるか」を考えることが円満退社のポイントです。

会社の辞め方、その手順や言い方には押さえておくべきコツがあります。事前にチェックして円満退社のための計画を立てていきましょう。

仕事の辞め方の手順まとめ

会社を辞めたいと思った時、辞めたい気持ちをすぐにでも吐き出してしまいたくなる方も多いでしょう。

ですが、その気持ちをただストレートにぶつけても大抵うまくいかないものです。退職の意向を伝える時はしっかりと計画を立てることが大切です。そのうえで、社会人としてのマナーを守って適切な伝え方をを心がけましょう。

次の手順を押さえて計画を立てると退職までの流れをスムーズに進めやすくなるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1. 自分の業務の棚卸をする

あなたが会社を辞めるということは、当然あなたの業務を誰かが引き継ぐことになります。そのため、自分の業務を棚卸して、あなたの業務内容を「見える化」しておく必要があります。

業務をリストアップしそれぞれの手順や工数を明確にすれば、引継ぎに必要な日数を算出できるので適切な退職日を決めやすくなるし、会社としても引継ぎ先の選定がしやすくなります。

何より、あなたが退職までの間責任を持って業務を遂行するという意思も伝わるので、円満退職のためにはやっておくことが望ましいでしょう。

2. 引継ぎも考慮して必要な日数を試算し、退職希望日を決める

業務の棚卸をしたら、必然と引継ぎに必要な日数がわかります。

引継ぎ先の選定にも時間がかかることを考慮し、少し余裕を持って退職希望日を決めましょう。

3. 退職の決意を固め、直属の上司に「相談」という形をとり伝える

退職の意向を伝える前に、退職する決意を固めましょう。「いや、固まってるから辞めたいんだし」と思う方も多いでしょうが、意外なことに、引き止められて留まってしまうケースも多々あります。

本当に辞めたいのか今一度考えてみて、しっかりと決意を固めてから伝えるようにしましょう。

この時大事なポイントが、「直属の上司」に伝えるということです。直属の上司を飛び越えてさらに上役や別部署の上司に伝えると、直属の上司を不快な気持ちにさせてしまい、円満退職が遠ざかってしまいます。

上司の仕事に支障をきたさないよう配慮し、「相談したいことがあるのでお時間をください」と切り出しましょう。直接言いづらい場合は、時間をいただきたい旨をメールで伝えるのもありです。

話す時間をもらえたら、あなたの気持ちを順序立てて伝えましょう。

  • 退職の意向が固まったこと
  • それはきちんと考えて出した結論であること
  • 当然引き継ぎもきちんと行う意向であること
  • 退職希望日(最低でも1ヶ月以上後の日程を設定する)

退職希望日はあくまでもあなたの希望ですから、会社の都合も聞いて競技のうえ双方が納得いくところで決定するようにしましょう。

場合によっては、次の会社の入社日が決まっていることもあると思います。それを正直に伝えると角が立つこともあるので、嘘にならない程度の、角が立たない建前の理由を考えておくこともポイントです。これについては事項で詳しく話します。

4. 退職日までのスケジュールをひき、引継ぎを行う

退職日が決定したら、退職までのスケジュールを引いて引き継ぎの計画を立てましょう。引き継ぎは自分で業務を遂行するより思いの外時間がかかることもあります。

また、1回やっただけでは覚えられないこともあるので、余裕を持ってスケジュールを引くようにしましょう。

5. 社内外への挨拶をする

退職に伴い、お世話になった方々への挨拶も忘れずにきちんと行いましょう。社外の方には会う機会があればその際に、ない場合にはメール(宛先はBCCにする)で送るだけでも問題ありません。

社内の方は、同じ部署の仲間や上司、仲の良い同僚など特にお世話になった方を中心に、できるだけ直接挨拶しましょう。

大抵は最終出社日の夕方頃から挨拶回りをすることが多いようですが、就業時間や業務内容などによって臨機応変に行動しましょう。

以上が円満退職のために押さえておくべき手順とポイントです。円満退職をスムーズに進めるためにもぜひ参考にしてみてくださいね。

辞め方の理由ランキング

退職の決意を固めるにはそれなりの理由がありますが、世の中の人は一体どんな理由で辞めることを決意しているのでしょうか。

1位 給与や待遇(福利厚生など)への不満
2位 人間関係への不満
3位 忙しすぎる(休日の少なさや残業過多など)
4位 仕事内容への不満(やりがいがない、面白くない)
5位 正当な評価をしてもらえない

他にも「会社に将来性を感じない」、「職場環境が悪い」など理由は様々で、ネガティブ な理由から退職に至るケースが多いのが事実です。

ところがこうした不平不満をダイレクトにぶつけると、相手を不快な気持ちにさせて円満退職から遠ざかってしまいやすくなります。

また、給与や待遇への不満の場合は給与UPや待遇改善などの解決法を提示されたり、人間関係の不満には部署異動などを提案されると辞めにくくなりますよね。

角が立ってもいいなら好きにすればいいですが、スムーズな退職を目指すのであれば、本音をうまく隠して建前の理由で角を立てないようにすることもポイントのひとつです。

具体的にどうすれば良いのかと言うと、ネガティブな言い回しではなくポジティブな表現をするということです。例えば、こんな風に。

  • これまでの経験を活かして、より専門性の高い分野で働きたい
  • 資格取得のため勉強に専念し、その後は専門分野で就職します
  • 海外の市場リサーチも兼ねて語学留学します
  • これまでの経験で自信がついたので起業する

この時ポイントとなるのが、「嘘」はつかないということ。無理な引き止めを回避するために、家庭の事情や、出産、転居、うつの発症など「やむを得ない」理由を使う手もありますが、これが嘘の場合バレた時にトラブルになりやすいので避ける方が良いです。

不思議なもので人はネガティブな理由には反抗したくなりますが、意欲や向上心などポジティブな理由には否定したり引き止めにくくなるので、嘘にならない程度の建前の理由をぜひ活用してみてください。

辞める時の無難な伝え方

伝えかたの手順は前述した通り、諸々の準備を済ませた上で口頭で話します。

  • 上司にアポをとり、「相談」という形をとる
  • 退職の意向が固まったこと
  • それはきちんと考えて出した結論であること
  • 当然引き継ぎもきちんと行う意向であること
  • 退職希望日(最低でも1ヶ月以上後の日程を設定する)

具体的には、下記のような伝え方が無難です。(あなたを◯、上司を■とします)

◯:相談したいことがあるのでお時間頂いてもよろしいでしょうか。

■:はい、いいですよ。何でしょうか。

◯:こちらの部屋でお願いします。(※他の人がいないところで話しましょう)

◯:突然の話で恐縮ですが、会社を辞めることを決意しました。(※結論から述べると話しがスムーズです)その上で、引き継ぎと退職日のご相談をさせていただきたいと思っております。

■:そうですか。突然で驚きました。何か…不満とか嫌なことがありますか?

◯:いえ、全くそういうことではありません。これまでの経験を活かして、より専門性の高い分野で働きたいと思っています。(※現職場では叶えられない理由がベター)引き継ぎの期間も考慮して、希望としては2ヶ月後の△月△日を最終出社日としたいと考えております。

■:では、仕方ありませんね。正直、この会社でのキャリアを続けるのも専門性を高めることに繋がると思いますが、、、

◯:はい、もちろんそれは考えました。ただ、より自分の希望する分野でのキャリアを積むことを考えると、現状のままではなく、より適切な業界があるのでその分野で働きたいと思っています。よく考えた上での結論です。

■:わかりました。では退職日については、引き継ぎ先の選定と引き継ぎ期間の兼ね合いもあるので、改めて話しましょう。引き継ぎ内容のリストアップと工数の整理をしていただきたいのですが、いつまでに用意できますか?(※この場で退職日が合意できない場合は必ず次の話し合いの場を設けましょう。できるだけ早い方がいいので、可能ならば翌日までにすると良いです。)

◯:ありがとうございます。では資料は明日までに用意します。明日の△時にお時間いただけますか?

■:はい、ではその時間に改めて。

まとめ

理由はいずれにせよ、計画を立てておけば角が立ちにくい会話運びが可能です。

退職までの流れをいかにスムーズにできるか、そして円満退職できるかは手順を抑えた計画とマナーをわきまえた伝え方が大切なポイントです。

次の職場で気持ちよく働くためにも、円満退職を目指しましょう。さらなる飛躍を応援しています。

おすすめの記事