イソップ童話「3人のレンガ職人」

今回は「レンガ職人」「カエル」「豊臣秀吉」の話を通じて、「働き方」のヒントを見つけてみましょう!

まずは「3人のレンガ職人」というイソップ童話をみてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある旅人が町を歩いていると、1人の男が道の脇で難しそうな顔をしながらレンガを積んでいました。

旅人は、その男のそばに立ち止まってたずねました。

「ここでいったい何をしているのですか?」

すると、男はこう答えました。

「見ればわかるだろう。レンガ積みをしているのさ。毎日毎日、雨の日も強い風の日も、暑い日も寒い日も1日中レンガ積みだ。なんでオレはこんなことをしなければならないのか、まったくついてない」

旅人は、その男に「大変ですね」となぐさめの言葉を残して歩き続けました。

 

 

しばらく行くと、一生懸命レンガを積んでいる別の男に出会いました。

しかし、その男は、先ほどの男ほどつらそうには見えませんでした。

そこで、また旅人はたずねました。

「ここでいったい何をしているのですか?」

すると、男はこう答えました。

「オレはね、ここで大きな壁を作っているんだよ。これがオレの仕事でね」

旅人は「それは大変ですね」と、いたわりの言葉をかけました。

すると、意外な言葉が返ってきました。

「なんてことはないよ。この仕事でオレは家族を養ってるんだ。この仕事があるから家族全員が食べていけるのだから、大変だなんて言ったらバチが当たるよ」

旅人は、その男に励ましの言葉を残して歩き続けました。

 

 

さらにもう少し歩くと、別の男がいきいきと楽しそうにレンガを積んでいました。

旅人は興味深くたずねました。

「ここでいったい何をしているのですか?」

すると、男は目を輝かせてこう答えました。

「ああ、オレたちのことかい? オレたちは歴史に残る偉大な大聖堂をつくっているんだ」

旅人は「それは大変ですね」と、いたわりの言葉をかけました。すると男は、楽しそうにこう返してきました。

「とんでもない。ここで多くの人が祝福を受け、悲しみを払うんだぜ! 素晴らしいだろう!」

旅人は、その男にお礼の言葉を残して、元気いっぱいに歩き始めました。

引用:イソップ童話

 

 

それぞれの解釈について

3人の職人は全く同じ仕事をしていますが、それぞれ自分の仕事に対する解釈が異なります。具体的には下記のとおりです。

 

1番目の職人 

「なんでオレはこんなことをしなければならないのか、まったくついてない。」

やりたくないことだけど、やらされているという状態。仕事はつまらないものという認識をしている。

 

2番目の職人 

「この仕事でオレは家族を養ってるんだ」

やりたくないことだけど、自分の生活や家族を守るために働いている状態。仕事はつまらないけどお金になるという認識をしている。

 

3番目の職人 

「歴史に残る偉大な大聖堂をつくっているんだ」

自分の目的・夢と今がつながっている状態。仕事にはやりがいがあるという認識をしている。

 

 

うし
3人とも同じ仕事をしているのに、みんな考え方は違うんだな。

ひつじ
この話は面白いですね。ちなみにうしくんは何番目のレンガ職人に当てはまりそうですか?

 

うし
俺は仕事中にさぼってスマホゲームしかしてないから、何してるのって聞かれると困るんだよな。

 

ひつじ
うしには、きちんと働くことから教えないといけないのかもしれない...

 

「レンガの話」から学ぶべきことは何か?

新卒で会社に入ると、教育方針は下記の2パターンのどちらかに当てはまる確率が高いです。

①いきなり大きなプロジェクトに関わり、失敗を通じて大きく成長するパターン

②毎日地道に基礎を繰り返し、当たり前のレベルが高くなることで成長するパターン。

 

皆さんが学生時代にとても優秀で、最初に入った会社がまだ人数の少ないベンチャー企業でない限り入社後はパターン②で成長することが求められるでしょう。皆さんは日々会社の中で「基礎」とどのように向き合っていますか? 1番目のレンガ職人のように、毎日仕事が「つまらない」と解釈して働いているのか、3番目の人のように「これが自分にとって必要なことなんだ」という認識で取り組めているのか。入社してしばらくは「誰でもできる仕事」を任せられますが、優秀な人材は「誰でもできる仕事」で他の人と違いを出すものです。圧倒的なスピードで取り組んだり、ミスが全くなかったり、何かしら形で結果に違いが生まれてくるんです。若いうちは「自分は会社から試されている」という感覚をもって仕事に取り組むことが重要です。

 

 

基礎を嫌ったカエル君の話

ワールドカップで活躍する日本代表を見て、いつか自分もあの舞台に立ちたい。思い立ったら即行動が信条のカエル君は次の日に学校のサッカー部へ入部しました。入部して1か月たちましたが、ボールに触る機会はほとんどなく毎日ランニングばかり。自分が思い描いていた理想とのギャップに失望したカエル君は「俺は陸上部に入りたかったわけじゃない。サッカーがしたかったんだ」と言って退部届をだしました。

 

1か月後にテレビでゴルフの試合をみたカエル君は「これだ!!」と思ってゴルフ部に入部しました。入部して1か月たちましたが、ゴルフクラブに触れる機会はほどんどなく毎日ランニングばかり。自分が思い描いていた理想とのギャップに失望したカエル君は「俺は陸上部に入りたかったわけじゃない。ゴルフがしたかったんだ」と言って退部届をだしました。

 

それから1か月後にコンビニでテニスの漫画を読みながら「これだ!!」と思ってテニス部に入部しました。入部して1か月たちましたが、テニスラケットに触れる機会はほとんどなく毎日ランニングばかり。自分が思い描いていた理想とのギャップに失望したカエル君は「俺は李上部に入りたかったわけじゃない。テニスがしたかったんだ」と言って退部届をだしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うし
カエルのヴァイタリティーすごすぎでワロタ。

ひつじ
なんだか耳が痛くなる話です。カエル君の気持ちはよくわかります。

 

うし
カエルはさ、部活動じゃなくてサークルに入ればよかったな。

 

ひつじ
確かに... でも現実世界で「サークルっぽいアットホームを売りにしている会社」って怪しいとこ多いのよね

 

豊臣秀吉の話

日本の歴史で知らない人はいないと思われる超有名武将「豊臣秀吉」。彼の有名な逸話といえば、やはり「草履」の話ではないでしょうか。
※逸話の信ぴょう性は定かでないので、歴史好きの方ごめんなさい。

秀吉がまだこの名前ではなく、木下藤吉郎だったころの話しです。

信長は、雪の夜に草履を履くと、暖かくなっていた。

ここで信長は藤吉郎に向かって「おまえは腰掛けていたな!この不届者め!」と杖で藤吉郎を打ちましたが藤吉郎は腰掛けていないと頑として譲らなかった。

信長は「温かくなっているのが何より証拠だ!」言い放った。

藤吉郎は「寒い夜なので、御足が冷えてらっしゃるでしょうと思い、懐(背)に入れて温めておりました。」と伝えた。

しかし、信長は「その証拠は何だ」と訪ねると、藤吉郎は衣服を脱ぎ、懐(背)に下駄の鼻緒の跡がくっきりとついているところを見せた。

さすがの信長もこれには感心し、すぐさま藤吉郎を草履取りの頭としたそうです。

 

 

うし
歴史に名を残すような人も、当たり前の仕事で違いをだしていたという事か。

ひつじ
私も明日から「誰でもできる仕事」との向き合い方変えなきゃ!!って読んでて思いました。

 

うし
俺は仕事中にスマホいじるのをやめるところからスタートしてみるよ。

 

ひつじ
誰でもできる当たり前のことすらしない人もいるってことか。

 

最後に...
余談ではありますが、この世の仕事が全て「解釈」を通じて面白くなるとは思いません。むしろ「全ては解釈次第だ」というのは危険思想に近いです。これからの時代は人間がやるべきこと、ロボットやAIに代替えするべきことを切り分けていくことが求められているからです。一方でどんな仕事も規模が大きくなってくるほど基礎能力の高さが求められます。だからこそ、基礎との向き合い方については「高レベルな解釈」をもって取り組んでいただけると嬉しいです。

 

おすすめの記事